2017年06月27日

細分化の功罪

デカルト「方法序説」に次のことが書かれている。
  第二。私が吟味する問題のおのおのを、できるだけ多くの、
  しかもその問題を最もよく解くために必要なだけの数の、
  小部分に分かつこと。

この規則でずいぶん助けられた。大きな問題であっても、まずちっちゃな問題にとりかかる。すると、全体がくる。

これを推し進めていくと、というか、自分のやり方が細分化になれてしまうと、実は由々しき問題が生じる。どういうことかを説明しよう。
一つの場を考える。その場に「私」「あなた」「贈り物」がある(いる)。私があなたに贈り物をあげる。次の二つの考えが私に浮かんでくる。
  A:
   私とあなたは別の人間。贈り物をあげた。
   あなたは私に何らかのお返しをするべきである。それが礼儀だ。
  B:
   私と言い、あなたと言い、全体に属している。
   あなたが幸せになることは私が幸せになることだ。

デカルトの細分化に関する考えは上記Aの考え方になるのではないだろうか。
欧米が行き詰っている。欧米は科学的思想に立脚している。科学とは、デカルトの哲学を土台にしている。どうしても、細分化する(ある領域を定義し、その範囲で究明し、解決する)。無理が生じるのではないだろうか。



posted by sakonjqs at 10:50| 哲学物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。